企業理念

“地元社会に、常に必要とされる企業であり続ける”。株式会社 花岡の企業理念です。

いつの時代でも、地元の方々に「花岡は必ず要る。なくてはならない存在だ」と言われるように活動することを旨としてきました。

花岡は、日本国憲法が施工された1947年、旧国鉄(現JR)・長野管理局からの要望により、旧国鉄職員の家庭用燃料を製造・販売するための指定工場として始まりました。

当時、薪や木炭に代わって、練炭は家庭で暖房や炊事に使われる生活必需品。明治・大正・昭和を生きた俳人で小説家の“石塚友二”(新潟出身)の句に「練炭や暮らしの幅に煮炊きして」とあるように、練炭は生活には欠かせないものでした。

木炭や練炭から、プロパンガス、灯油に変化しても、わたしたちが暮らしに必要不可欠なエネルギーをお届けしていることはいまでも変わりないこと。

しかも、社員みんなが“心でつながれ”という社是をわきまえており、一人ひとりがお客様にとって“必要とされる人”になっているのです。

燃料供給企業として1972年から始めたのがガソリンスタンド事業です。

モータリゼーションが進むにつれ必需になったガソリン。とくにクルマなしでは不自由を強いられるここ長野で、ガソリンスタンドは市民の生命線といってもいいでしょう。

わたしたちはクルマに関わるあらゆる要望にお応えするため、試行錯誤の末にガソリン供給だけでなく、整備や車検、車両販売、リースなどカーライフ全般をサポートする機能を“ライトパーク浅川SS”に集約。一点集中型の体制で、キメ細かくかつ安心価格のサービスを提供しています。

練炭に始まり、プロパンガス、灯油、そしてガソリンと、燃料の歴史とともに歩んできた花岡。

これからも、「どうしたら、より必要とされる企業になれるのだろう?」と、常に自問自答しつつさらに進化していきたいと考えます。

会社概要

社名株式会社 花岡
住所〒381−0043
長野県長野市吉田4丁目14-15
電話026−243−1165
創業昭和22年(1947)8月
設立昭和26年(1951)12月
代表者代表取締役 花岡 賢太郎
従業員25名
営業品目・石油製品販売
・その他燃料販売
・車検整備
・損保ジャパン日本興亜 代理店
・アクアクララ販売 代理店
・中古車・新車販売
三菱商事エネルギー特約店三菱商事エネルギー株式会社

ハナオカ車検受け付け店舗

店舗名ライトパーク浅川SS
住所〒381-0064
長野市浅川東条286-1
電話ライトパーク浅川SS
026−243−8700
営業時間平日/7:00〜22:00 土日祝/7:00〜21:00

会社沿革

昭和22年8月花岡合名会社(煉炭製造)創業
昭和26年12月花岡商事株式会社設立
昭和34年4月小諸出張所開設
昭和38年4月プロパンガス事業開始
昭和47年10月社名を株式会社花岡へ変更
昭和47年11月北長野SS開設
昭和48年10月灯油150kl地上タンク設置
昭和49年2月花岡合名会社(煉炭製造)を吸収合併
昭和50年11月重油30kl地上タンク設置
昭和60年7月煉炭製造中止
昭和62年11月灯油タンク地上120kl×1基、200kl×1基を設置
平成2年6月長野税務署長より優良申告法人の指定を受ける
平成5年10月本社新社屋完成
平成8年8月プロパンガス事業営業譲渡
平成8年11月浅川SS開設
平成11年11月北長野SS改装オープン